タグ:雑記 ( 49 ) タグの人気記事

豊田市美術館に森村泰昌展を観た

f0138329_1762090.jpg
休みをとったので車を出し、名古屋市博物館にポンペイ展を観に行こうと思ったのですが、駐車場の空きを待つ車が二つの信号を跨いで並んでいるのを見て断念。まずは御器所のリーズナブルな中華料理屋「盛華」で昼食をとることにしました。
台湾ラーメン+四川飯で780円のランチを頼んだら、どちらも単品と遜色ないフルサイズで運ばれてきてびっくりしました。家内の注文した本日のランチ(700円)も中々のボリューム。ほんとは単品も色々試してみたい気持ちはあるのですが、一人や二人では恐らく食べきれないものになるでしょうから慎重に考えねばなりますまい。

食事を終えて豊田市美術館に行きました。森村泰昌『なにものかへのレクイエム』展を見るためです。

美術家の森村氏が歴史的な人物や女優に扮して写真を撮った大型のプリントが並んでいて、まず写真プリントとしての力が凄い。特にピカソや三島、ヒトラーなどの歴史上の男達になりきって渾身の表情を4x5で撮った(と思われる)写真一枚一枚が非常な圧力を持って目の前に立ちはだかります。

これらの作品は私の肚の底に手を突っ込んで色々な思いを立ち上がらせます。「すでにある作品を一から創造し直すところに生まれるものは何か。」「これは誰の作品か。森村氏のものか、シャッターを押した人のものか、モデルとなった人物のものか。」「これらの作品は、<私>とはいつの世の誰でもあり得るという事を再認識させてくれるのか。」など、いろいろな考えがぐるぐる回り始めると頭を離れず、息を呑んで見入ってしまいました。

「なにものか」とは<誰>なのか?!
[PR]
by esquisses | 2010-08-25 16:38 | 雑記

もうひとがんばり

f0138329_62515.jpg
ここしばらく寺務を除いてほとんど外にも出られないので、うちの中で一枚。
キッチンのカウンタで、箸置きとぞうさんの置物を。
[PR]
by esquisses | 2010-08-14 06:03 | 雑記

高山にて

f0138329_2113296.jpg
新穂高ロープウェイに乗って山並みを観に行きました。登山はしていません。
さすがに標高2000メートルを超えているとはいえ、「涼しい!」というほどでもなく、それどころかけっこう日差しは痛いほど。でも、名古屋の猛烈な暑さと較べて空気が顔に当たる感覚がまるで違うのです。

(続き)結構鳥が飛んでいるのですが、
[PR]
by esquisses | 2010-07-21 21:35 | 雑記

東京を歩いてきました。

f0138329_20522149.jpg
8日は東京で友人夫妻に会い、9日も用事があったので、そのほかの時間は一人でタカタカと電車を乗り継いでひたすら展覧会巡りをしてきました。

音楽でもそうなのですが、力のある作品・表現に接していると、眉の上から額にかけてきゅーっと張りが加わって上まぶたが引き上げられるような感覚があって、そして、お腹が減ってくることが多いです。しかも、無闇にハラ減った〜!というのではなくて、少しずつ、気持ちよく「こーっ」とお腹がすいてくるのでした。

(続き)写真を何枚か・・
[PR]
by esquisses | 2010-07-10 21:58 | 雑記

受付でのひとこま

f0138329_18243557.jpg

振り返ると、そこに
[PR]
by esquisses | 2010-07-06 18:25 | 写真

蒸す蒸す

f0138329_19572032.jpg

雨続きで、、いやもちろん雨は欲しいのですが、こうムシムシすると居ても立ってもいられません。
湿気はことのほか苦手です。わたしは蒸し暑さを感じるとすぐに「湿気が〜」とうめくので、それを口にするや家内に「出た!湿気おじさん!」と苦笑されます。

紫陽花。
普段は余り撮りませんが、有無を言わせぬ綺麗な花というもの、たまにはレンズを向けてみるとなんとも写真を撮るという行為のストレートな喜びを感じるものでした。
[PR]
by esquisses | 2010-06-20 21:04 | 雑記

受けとめ方

家内と境内の門の外縁で草むしりをしていたら、通りがかりのおじいさんがしばらく覗き込んでからぽつりとおっしゃいました。

「・・雨が降るとここぞと草が伸びるねえ。ほとけ様でもこれは思うに任せんね。

えっ?・・と思ったのですが、なるほど。
神仏というものの割と一般的な受容のされかたを端的に言い表していると思いました。
ノラ猫の糞の臭いがどこからか漂ってきていたのですが、ふむふむと考えながら手を動かしているうちに臭いのことも忘れ、そのわりかし狭い一帯の草は大体取れてしまいました。
[PR]
by esquisses | 2010-05-25 21:41 | 思索

同期

f0138329_20464263.jpg

中高で同期のT君が訪ねてきてくれた。
ことのついでに境内の建物を色々と見て回り、建築関係のサイトを見たりしながら、ひとしきり建物や写真・カメラ、美術のことなどを喋って別れた。将来のことを見据えながら意欲的な話がいろいろ出来たと思う。

写真は昨日なばなの里の温室で撮ったもの。
役者たる植物はまるで違えど、ファインダーを覗いているとモネのあのジヴェルニーの睡蓮のイメージが浮かんだ。
実際にそこを訪ねたことはないけれど。

(マクロスウィター50/1.8)
[PR]
by esquisses | 2010-05-15 20:47 | 雑記

『のだめカンタービレ最終楽章』後編を観てきました。

f0138329_23411213.jpg
家内とこの映画を観てきました。

大抵日本のドラマを観ていると、劇中で登場人物というよりはその俳優として観ていることが多いのですが、『のだめ』だと「上野樹里さん」とか「玉木宏さん」とかでなく「のだめ」とか「千秋真一」として、どこかを歩いている人格のように思えてくるのです。これが同じ俳優が別のドラマに出ていてもそうは思わない。

原作を知っていると相当端折ったにしては、お話が少し希薄な印象がありますが、でも観ていると楽しいのですね。しかもクラシックいっぱい流れてるし。
観ながら家内とニヤニヤしてしまう。他のお客さんにもそんな様子が窺えました。

個人的に「おおっ!!」とツボに嵌まってしまったのは、ある場面、まさにここぞの場面でリストのファウスト交響曲第三楽章にある「終末の合唱」が出てきたところですね。歌の声は余り好みではなかったけれども、この曲には身震いしてしまいます。
一般的には知られていない曲なのに、音楽監督の人はいいところを突いてきたなあ、、と、ここでもニヤニヤしたのでありました。
[PR]
by esquisses | 2010-04-30 23:19 | 雑記

やっと暖かく

f0138329_22324752.jpg

先月の下旬は寒かった。時にびゅうびゅう冷たい風が吹いて、用事で夜に外出すると惨めな気分になるほどに寒かったり。
四月の始まりは小雨ながらもあたたかな気候の到来を感じる一日だった。

カメラ持って外で撮るものとはいえば、相変わらず愛犬のしろ。
雨の日はあまり遊べないので人を見れば跳ね回っている。
[PR]
by esquisses | 2010-04-01 22:40 | 雑記


お寺、音楽、写真やら、副住職の日々諸々


by esquisses

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

筆者のウェブ

カテゴリ

全体
お寺
思索
音楽
写真
雑記
未分類

タグ

(49)
(36)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(3)

外部リンク

以前の記事

2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

Flauto diritto
Xylocopal's ...
Blog | Hiroa...
菊田ヴァイオリン工房
黒猫チッチのひとりごと
camera obscura

新・けふぶくろ
timachrome
FOTO CYCHEDE...
Black Face S...
Silver Oblivion
+ONE
Phase One日記 ...
Bizarre Plants
67spirit

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧