2008年 12月 01日 ( 1 )

業者が来るまで待てない。

境内の亀の池に、ペットボトルや飲み食いしたゴミを投げ込んだりされるのには困っているが、しばらく前に落ち葉を掃き集めたゴミ袋やパイロンが投げ込まれていたので、12月に業者に掃除してもらうまで待つよりは、なんとか取ってしまいたいと思っていた。

しかし、池の底はレンコン畑ほどではないが、泥がそれなりに溜まっている筈で、胴体まですっぽり履けてしまう防水性のズボンを探していたが、ホームセンターなどでも見つからない。ある人にその話をしたら「釣具屋に行ってみたら」といわれ、先日実際見つけた時は嬉しかった。ウェダー、というのだそうだ。

と早速履いて池に入ってみたのだが、ふちの方は割と浅めでなんとか動けるので、竹の棒も使いながらゴミも集められるのだが、石橋の下や池の中心へは一歩踏み出すごとにスブスブ深くなり、泥の絡まる足も動かせず、真ん中の方に投げ込まれたパイロンやゴミ袋、自転車のタイヤには近づく事すら叶わなかった。悔しい。しかも水が近年減ってきているのと富栄養化のせいだろうか、水が臭う。

専門家と話をした時には、池の水が減ってきたのは、地面の舗装化が進んで、自然に水も湧き出なくなって来た事、蓮などを植えても育たないのは、外来種のカメが池に放たれて、それがハスを食い切ってしまう、との話だった。

なら、これからは池と周辺を再整備して綺麗にするついでに縮小するのが良いかな、とも考える。それなら水道で水を足すにも多少は現実的になろう。
しかし、やるとなれば大事業だし景気も悪い。としてもなんとかこれは成し遂げたいものだ。それはまた開山・中興の両上人や祖父の遺志を受け継ぐ事でもあるはずだ。
境内が広い分こなさねばならぬ問題は山積みだが、ひとつひとつこなしていくしか道はない。
[PR]
by esquisses | 2008-12-01 00:08 | お寺


お寺、音楽、写真やら、副住職の日々諸々


by esquisses

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

筆者のウェブ

カテゴリ

全体
お寺
思索
音楽
写真
雑記
未分類

タグ

(49)
(36)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(3)

外部リンク

以前の記事

2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

Flauto diritto
Xylocopal's ...
Blog | Hiroa...
菊田ヴァイオリン工房
黒猫チッチのひとりごと
camera obscura

新・けふぶくろ
timachrome
FOTO CYCHEDE...
Black Face S...
Silver Oblivion
+ONE
Phase One日記 ...
Bizarre Plants
67spirit

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧