余りの美しさに・・

行儀が良いとは言えないが、最近出かける時はiPod nanoを持参しており、1000曲近く(ほとんどクラシックのピアノ曲だ)がその携帯電話より小さな中に入っていて、ランダムにアルバムを再生するようになっている。

改めて耳にして、お、良い曲だな、と思うと弾いてみたくなるものだが、そういう曲に限って中々楽譜が手に入らなかったりするか持っていても異常に難しくてあきらめねばならないのにも慣れてしまった。が、久々に例外的なものに出会った。

昨晩会議があって会場に向かう途中、予定よりも早く近くまで来ていたので、ヤマハに寄っていたという絶妙なタイミングでバッハのオルガン曲をエミール・ナウモフという作曲家がピアノ用に書き換えたという『パッサカリア BWV582』が再生された。
その、遙かな高みを目指して石を積み上げていくような、余りのかっちりとした荘厳さに参ってしまって、その後は想像するまでもない、店内の楽譜棚を慌てて漁り始めた、という次第。

結局、ナウモフ編の楽譜は(予想もしていたが)見つからなかったが、同じ曲をピアニストのファジル・サイがピアノ用に編曲したショット社の楽譜を見つけることが出来たので、結局それを(少し高かったが)購入してしまった。

ざっとした比較では、ナウモフの演奏で聴いた印象がオルガン的な澄んだ響きをよく再現した印象に比べ、サイは所々メロディをピアニスティックなオクターヴで書いていたりする、華やかな印象。まあ、オリジナルのオルガン曲は演奏もその楽譜にも触れた事が無いので、かっちりとした比較は出来ないが。ともあれ、ピアノで弾ける楽譜が手に入ったので、時間が出来たら練習をしてみたいと思った。

また、同日耳に入ったレオ・オルンスタインの『A Long Remembered Sorrow』(「長く忘れ得ぬ悲しみ」とでも訳すか)沈鬱な色を帯びながら細かにきらめくテクスチュアにも惹かれてしまった。うむ、こちらなら楽譜はもっていたはず。
[PR]
by esquisses | 2008-11-30 23:15 | 音楽


お寺、音楽、写真やら、副住職の日々諸々


by esquisses

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

筆者のウェブ

カテゴリ

全体
お寺
思索
音楽
写真
雑記
未分類

タグ

(49)
(36)
(11)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(3)

外部リンク

以前の記事

2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 05月
2007年 04月

お気に入りブログ

Flauto diritto
Xylocopal's ...
Blog | Hiroa...
菊田ヴァイオリン工房
黒猫チッチのひとりごと
camera obscura

新・けふぶくろ
timachrome
FOTO CYCHEDE...
Black Face S...
Silver Oblivion
+ONE
Phase One日記 ...
Bizarre Plants
67spirit

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧